静岡のデザイン会社アイドデザイン

小嶋 輝夫

小嶋 輝夫

デザインをしてゆくと自分だけの世界を表現しがちになります。時にはそれも必要ですが、自己満足で完結させてはいけないのです。スポンサー・クライアントがなにを言いたいのか、伝えたいのかが、そこに表現されてなくてはグラフィックデザインは成り立ちません。

そんな考え方・基礎が身に付くのがaidでしょうか。しかもみっちりとね。スポンサー・クライアントの意向と表現がズレるとデザインやり直しになってしまいます。それまでかけていた労力がパア・・・。

ピンになってそんなことやってたら仕事なくなります。今のところこの業界で生きていられるということは、aid-DNAがみっちり組み込まれたんでしょうね。
aidはチラシ、新聞広告はもちろん、パッケージ制作依頼もありで様々な仕事ができるトコロです。
その偏ってないデザイン経験がのちに武器になりますから、aidでデザイン業界の最初の一歩として良い選択だと思います。

現在地:トップページ採用情報独立起業した社員の声